りぃんのつれづれなるままに。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS あんどーなつ 第8話

<<   作成日時 : 2008/08/27 02:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

五十嵐隼士くんが出演ということで、見ました。
ルーキーズのおかげで、真っ黒!(髪の色と肌の色が一緒!?←言い過ぎですってば(笑))
いやいやいや、精悍な感じがして、”下町の魚屋の息子”らしかったですね。
ジャパニーズイングリッシュなところも、好感度アップです。

魚屋「魚米」の一粒種、ケンジくん。
夢を見つけ、夢に向けて前進しようとアメリカ行きを決めていた。
でも、一人っ子で、やっぱり親の事が心配で。
揺れ動くケンジくんです。

人情物の時間帯=月曜日の8時のTBSなわけで、
お母さんがお父さんに言ってましたね。
「やっぱり父子だねえ。おんなじこと言ってた。」と。
状況こそ違えど、蛙の子は蛙。
そして、親としての感情では面白くないけど、息子の尻を叩くわけです。

店に出ているときは、まあ、親父さんとこれまたおんなじセリフでおばちゃんに対応するあたり、セオリー通りだけど微笑ましい。
また、なつとパティシエ修行中の友人(細田よしひこくん。役名わかんない)とのスリーショットがタイプは違えど、夢に向かう若者3人で、若い息吹がうらやましかったです。
また、この3人のシーンとかあるといいなあ。(って次回以降見るのか?)

ところで、
舞台やって発声が変わったのか、声の出し方、トーンが違ったような。
芝居もうまくなってましたね。
五十嵐くん、養豚場の息子といい、魚屋の息子といい、真っ直ぐな役が多いなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
さっき観たんですよ。というか声で気付いて、あれ?聞いた声だなぁと思って見たら、五十嵐くんでした(^^ゞ
結局ルーキーズは一度も観なかったので、すっごく久しぶりに見ました。
魚屋ならではのセリフと声、上手かったですよね!
メビウスの頃の初々しさがすっかり取れて、とても自然な感じがしました(^^)b
ゆうりん
2008/08/27 02:56
>ゆうりん様
こんばんは!コメントありがとうございます。
ゆうりんさん、見たですか。(^^)
五十嵐くん、上手になってましたねえ。
自然な感じ、わかりますー。
また、あんな魚屋さんがいたら、毎日魚買いにいっちゃいますよ♪
魚屋らしい、逞しい二の腕(Tシャツから見えるもんだから)にきゃわきゃわ!してました。
kobokobo
2008/08/27 03:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カウントダウンメーカー
あんどーなつ 第8話 りぃんのつれづれなるままに。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる