りぃんのつれづれなるままに。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読後感想】 『ゆめつげ』

<<   作成日時 : 2008/08/23 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

タイトルが目を引いて、手に取りました。

『しゃばけ』シリーズしか読んだことがなかったので、どんな感じかなー。

<あらすじ>
江戸は上野の小さな神社で神官を務める、のんびり屋の兄・弓月としっかり者の弟・信行。夢に入って過去や未来を見る「夢告(ゆめつげ)」が得意な弓月だが、迷い猫を捜せば、とっくに死んで骨になった猫を見つけるという具合で、全く役に立たないしろもの。が、何を見込まれたか、大店の一人息子の行方を見てほしいという依頼が!礼金に目が眩み、弟をお供に出かけたものの、事態は思わぬ方向に転がって……。
(角川文庫〜「ゆめつげ」の裏表紙より〜)

江戸も幕末が舞台。
それが展開に大きく関わってきます。
最初はあらすじにある通りに、大店の一人息子を見つけるために「夢告」をするのですが、どんどんとんでもないことになっていきます。
本人もまわりの人たちも。

弓月の「夢告」をわかるように分析したり、息子捜しの謎解きや事件が起きて、さらにその現場から出られないコワさ等々があったり。事の真相がわかってくると、実はいろいろな事情というかがあったり。
弓月に何度もやっているがための「夢告」の影響が出てきたり…。
どんどん読み進めちゃいます。

その弓月の優しさ、状況に流されつつも一所懸命な心の持ちようが作者の温かさに通じるのでしょうか、展開はシビアなものの、とっても楽しく読めました。
若干、ぽや〜んとしていい人な弓月ですが、危機に陥りながらも冷静なところがあったり、ここは一番!なところをまっすぐ進んだり、なかなかでしたよ。
また、しっかり者の弟くんですが、口ではとやかく言っていても、とーっても兄さんを気にかけているんですよ。
そんなところが可愛らしかったですね。

終わり方もとても優しげでした。
続編がもし出たら、読みたいですね。



ここから先はわたしの妄想(という名の想像)です。
そゆのダメな方は戻って下さいね。

あの実はですね、あらすじ読んで兄弟の話なわけですよ。
そしたらどうにも、弓月=坂本直弥くんにイメージが固定しちゃったんです。もちろん、信行=坂本和弥くんです。
キャラ的には直弥くんとは違うんですけどねえ。(^^;)

でも、神官の白い着物に浅葱色(水色に近い色)の袴姿、ふたり似合うと思いません?
神妙な顔つきで「夢告」のときの祝詞を言う直弥くん。
お客様にお茶を出す和弥くん。ことあるごとに弓月(直弥くん)にツッコミを入れる信行(和弥くん)。
弓月をはったおす信行。
そうそう、寝ている最中に夢告に入っちゃって、うなされて、信行に起こされるんですけど、起きる度に頬をはったおされてたり、顎が痛かったり(←これも信行が殴ってる(笑))する度に和弥くんが思いっきり直弥くんをはったおしてたりするんですー。(≧▽≦)ゞ
それとか、弓月が最後助かるときに、心配して駆けつける信行→照れくさそうな弓月=直弥くん、心配顔の信行=和弥くん、になっちゃうから、たまらなかったです。
もう〜〜、何やってるんだかなんですが、めちゃ楽しい一時でした。





ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)
角川グループパブリッシング
畠中 恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
kobokoboさん、おはようございます☆
私もこの本、気になっていました!
kobokoboさんも畠中さん、お好きなんですね〜。
私も好きなんです。(宮部みゆきさんの時代物も)

「ファミリア」名古屋千秋楽取れました!
春雪うさぎ
2008/08/24 11:39
>春雪うさぎ様
おはこんばんにちは!
コメントありがとうございます。
はい、大好きです。といっても「しゃばけ」シリーズを何冊かしか読めてません。今回、シリーズではない作品を読みましたが、キャラも展開もしっかりしていて、面白かったです。(脳内再生も含め(笑))
宮部みゆきさんも面白いですよね。いっぱい出ているので、なかなか読めてませんが、わたしも好きですー!(^^)/

舞台楽日のチケットゲットおめでとうございます(≧▽≦)/
わたしも東京2公演(平日ですが)取れました!!
どんな舞台になるか、楽しみですね♪
kobokobo
2008/08/24 12:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カウントダウンメーカー
【読後感想】 『ゆめつげ』 りぃんのつれづれなるままに。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる