りぃんのつれづれなるままに。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS ボウケンジャー 超全集〈下巻〉

<<   作成日時 : 2007/03/21 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

注文するのが遅れまして、届いたのは日曜日。

びっくり、びっくりーー!!!!

シルバーのデータで映ちゃんの年齢が出ていた。


24歳!!!!


え? ええ゛〜〜〜!?

や、あの、どぎまぎ。ε=ε=。。。(ノT-T)ノ

拍子抜け〜、普通の歳じゃないですか?
アシュの血はきっと成長を遅らせているのでは、などとも思ってたのですがねえ。
そっかー、過去の映ちゃんが出たシーンはそれ相応の年齢でいいってことか。ふーん。



けっこう特撮は見ている中で、はじめて戦隊モノにはまってみて。
1年を通じてひとつの役を演じること、6人の繋がり合い。
一所懸命、番組に取り組み、乗り越えてきたことへの思い。
それを番組や6人のコメントをみて感じれたことが、嬉しく思います。

<日笠氏のコメントにて>
「企画時に描いたイメージを崩さずに全うする」ことのできた作品だったこと。
設定や描写を本人寄りにずらす作業が不要だった、とのこと。
(すばらしい役者陣ですねd(^^))
そして
「職業チームの根本は『信頼』」であり、その『信頼』を描けたこと。

このコメントを読んで、自分がはまった理由がわかりました。
キャラクターが彼らの中で生き始めたとき、それは彼らというファクターを通した、それぞれの登場人物が構築された、ということ。
本人よりにして作り上げたものでなく(当て書きも悪くはないのですが)、あくまでも脚本を読んで6人がそれぞれ作り上げていったキャラクターだったからこそ、更なる感情移入ができたのだなあ、と思いました。

そして、職業チームであったこと。
それぞれの特技を活かしてのプロ集団であるボウケンジャーは、
戦国時代が舞台の時代劇のように、
「この殿だからこそ、命を賭して、ついて行く」的な流れがあったり、
(チーフだからこそついて行く、みたいな)
でも、それぞれがプロですから、ちゃんと独り立ちもしていて。
だからこそキャラ同士が交錯するストーリーが2倍以上に面白かったんだなーと、つくづく感じました。


なんか、自分でもよくわからなくなって書いてますが。文章にするのって難しいですね。
それに、何語ってるんでしょう??(^^;) 気持ちが少しでも伝わっているといいんですが。
ひとりごとってことで、許して下さいまし〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サントリー 新モルツ
こんにちは、酔っ払い管理人です。 世はゴールデンウィーク、私も4連休を過ごしています。 4日は相方の作ったお弁当持参で、新宿御苑へ家族で散歩。 5日はよみうりランドで、ボウケンジャーショーを見てきました。 ...続きを見る
目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求め...
2007/05/06 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あーいいなあ。
何件か本屋さんまわったのですが、全然置いてないんですよー(泣)
私も注文しようかなー

kobokoboさんの書いてらっしゃることわかります。
私は戦隊ではデカ、ボウケンが好きなのですが、やはり大人の戦隊プロフェッショナルっていうのは大きいですねー
もちろん、役者さんが素晴しいのも。
その点ではゲキってやっぱり苦手だなあ....
koma
2007/03/21 14:10
>koma様
コメントありがとうございます。
読んで下さって、ありがとうございます。

>大人の戦隊プロフェッショナル〜
見ていて安心するし、大人同士だからこそ絆が深まった時、すごく強いものを感じました。役者さんたちにも。
逆にゲキの設定になるのは、いたしかたないのかもしれないですが、うん、乗り切れてません。(^^;)
基本的にカンフーは好きなので、これからがどうなりますか?

下巻が早く手に入るといいですね。祈ってます。
kobokobo
2007/03/21 16:00
初めてコメントさせて頂きます。
こちらの掲示板に書き込みありがとうございました。
早速やって参りました。
素敵なブログですね!!!
超全集下巻はまだ買ってないのですが、こちらを拝見して俄然買う気になりました。
ありがとうございます。
これからもブログ頑張ってください〜。
今後ともよろしくお願い致します。
ライム
URL
2007/03/22 08:44
ファンサイトに書き込みありがとうございます。
私も超全集下巻買いましたよ!
日笠Pの記事は座談会の次に読みました。自分のブログにも最終回の感想として書きましたが、職業人だった彼らの信頼関係は、大人にもぐっとくるものがありましたね。そして、そういう大人でも悩みや苦しみがあり、のりこえなければならないこと、また、時にはふざけあったりするということも。

24歳には私も軽く噴きました(^_^;)
本ならではの、きれいな静止画や、各シーンの解説も見どころでしたね。映ちゃんかっこいいシーンばっかりだ!
今後ともよろしくお願いします。
きりん
URL
2007/03/22 10:10
>ライム様
コメントありがとうございます。
いらっしゃって頂いてありがとうございます。m(__)m
拙いブログではありますが、思いを発信できればなあ〜と思ってます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
kobokobo
2007/03/22 21:19
>きりん様
コメントありがとうございます。
いらっしゃって頂いてありがとうございます。m(__)m
座談会、楽しかったですー。

>職業人だった彼らの信頼関係は〜
ほんとにそうです。(わたしは気付くのが遅かったですが(笑))だから、どんな切り口でも、コメディタッチでも、シリアスでも、ノレて見られたのだと思います。

>24歳
まさか年齢書いてあると思わなかったので。びっくりでした。(笑)
読んでいると、21話から順に思い出して、ひとり悦です。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
kobokobo
2007/03/22 22:07
こんにちは、kobokoboさん!

私も超全集読みました!
「映ちゃんの歳が24歳!」同じところで引っかかりましたねぇ!
年齢不詳だと思っていたんですが、普通の人と同じなんだと思うとちょっとほっとしてしまいます。

日笠氏のコメントも嬉しいものでしたねっ(私のブログで熱く語ってます・・・お恥ずかしい・・・)
さらに、kobokoboさんのブログを読んで「深めて」いったという意味が分かったような気がします!
なんだか、また、嬉しくなって語っちゃいそうです!!!
みずか
URL
2007/03/22 22:31
>みずか様
コメントありがとうございます。

>ちょっとほっとしてしまいます。
お優しいです!
アシュの血は成長には関係ないんですね。(笑)

なんか、ボウケンジャー語りつくせないですよねー。
もう、いっぱい語って下さい!
kobokobo
2007/03/22 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カウントダウンメーカー
ボウケンジャー 超全集〈下巻〉 りぃんのつれづれなるままに。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる