りぃんのつれづれなるままに。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑うてなんぼ

<<   作成日時 : 2006/10/11 03:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

藤山直美さん。
好きな女優さんです。今、NHK朝のテレビ小説『芋たこなんきん』で主演しています。
大阪を舞台に、作家・田辺聖子さんの半生を描いてます。
そのスペシャル版での田辺さんのコメントに感じいりました。

”笑うてなんぼの人生ですから”

いい言葉ですね。このように生きて行きたいと思います。

ウン年前某TV局で「もしも学校が?」がという番組がありました。
三田村邦彦さんが主演で先生。クラスに転校生がやってきて…というもので、学校舞台にしたUFOネタのドラマだったような(こまかいことはもう思い出せてません(泣)何を隠そう三田村さんは新発田弁、転校生は水原弁で話すというものだったんです。わたしは新発田出身なので嬉しいったらなんの。)
で、うろ覚えですが、たしかエンディングのテーマが「人生はコメディ」だったような。

「人生はコメディ」

コメディは喜劇ではありますが、悲劇も含まれるとわたしは思います。
悲しいことがらも笑いに変えるというか、喜劇と悲劇の両方があってこそのバランスというか。
そして人生をコメディと考えたら、どんなことがあっても乗り越えられると思うんですよ。
そういうことを言っていると思いました。

なんかとめどなくなってきました。
「芋たこなんきん」にもどりましょう。
10/10・第8回で主人公まち子が自分の「作家になる」という夢を実現させたことをなき父に語るシーンとその父との回想。その回想シーンで父(城島茂)が戦争で焼け野原になり、自分が精魂込めて運営してきた写真館のあった場所でまち子への思いをつぶやくシーンで。

「好きなことずーっと続けんねんで」

「大事なもんつかんだら、手離さんでぎゅうと握っとくねんで」


この言葉を信じてまち子は自分の夢を実現させるんですね。
夢だけでなく、生きてく上で励まされる言葉です。
わたしもこうやって生きて行こうと思います。それで、
この世を去る時にはみんなに、それは自分の両親や兄弟、友人や関わった諸々の方たち全てに「ありがとう!!おおきに。」と言いたいですね。

最後に今日嬉しかったこと!
会社で大阪の人に「おもろい人やな。」と言われたこと。
これってわたしにとって褒め言葉なんです!!

きっと誰も読んでないかも…。もし読んでくれていたら、ながながとすみません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
芋たこなんきん
...続きを見る
言葉の森
2006/10/11 21:15
芋たこなんきん
「芋たこなんきんの本を探してくれへん?」と近所のおばちゃんに声をかけられた。 ...続きを見る
リアルスタイル
2006/10/17 18:32
芋たこなんきん あらすじ
芋たこなんきん あらすじ情報満載です! ...続きを見る
http://tvdrama.lived...
2006/11/04 21:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
読んでますよ〜♪
『笑ってなんぼの人生』、確かにそうかも!
考えてみると奥深い言葉だなぁ。

日本人は「おもしろい」って言われると貶されてるって思う人もいるかもだけど、私もこれは褒め言葉だと思うな♪
これからも「おもしろい人」でいてちょうだいね☆
にあにょ
2006/10/11 15:04
にあにょさん、コメントありがとうございます!
>日本人は「おもしろい」って言われると貶されてるって思う人もいるかもだけど

そうですね。わりと真意をはかっちゃうとは思いますが、大阪人に言われるのは気持ちいいかも、です。

>これからも「おもしろい人」でいてちょうだいね

ありがとうございます。更にみがきがかかるように精進ですね。
kobokobo
2006/10/12 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウントダウンメーカー
笑うてなんぼ りぃんのつれづれなるままに。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる